障害者の生活と権利を守る全国連絡協議会/規約



第1条(名称・連絡場所)

 この会の名称を「障害者の生活と権利を守る全国連絡協議会」(略称・障全協)といいます。連絡事務所を東京におきます。


第2条(目的)

 この会は、すべての障害者とその家族の生活と権利を守り、諸要求を実現させることを目的とします。


第3条(構成、性格)

  @この会は、前条の目的に賛成する障害者団体および関係団体によって構成する連絡協議会です。

  Aこの会の運動に賛同し、規定の会費を納入した団体と個人は、幹事会の承認によって賛助会員となることができます。
    賛助会員は総会にオブザーバーとして出席し、意見をのべることができます。

  Bこの会は、総会の承認を得て顧問をおくことができます。


第4条(事業、活動)

 この会の目的達成のために、つぎの事業と活動をおこないます。

  @国・自治体にたいする請願・交渉

  A地方組織との連絡

  B運動の発展に必要な調査・研究・学習

  C文化・レクリエーション・スポーツなどの活動

  D機関紙(誌)の発行、その他諸資料の発行

  E障害者問題の理解を深める広報活動

  F共通の要求にもとづいての共同事業・運動

  Gその他会の目的を達成するための運動


第5条(総会)

 総会は、幹事会が召集し、年1回開きます。その他必要に応じて開くことができます。総会では、運動方針、予算、決算の
承認、役員の選出、規約の変更、加入、脱退その他重要事項を決定します。総会は、加盟組織の代表で構成します。ただし、
地方組織のない各県代表は、総会の承認を得て参加することができます。


第6条(幹事会)

 幹事会は、総会で選ばれた会長・副会長・事務局長・事務局次長および幹事で構成します。幹事会は、必要によって開き、
総会の決定にもとづき会の運営について協議します。


第7条(常任幹事会)

 常任幹事会は会長・副会長・事務局長・事務局次長と 幹事会で互選された常任幹事で構成します。常任幹事会は総会・
幹事会の決定および会務の諸問題の方針決定と執行に責任を持ちます。


第8条(役員)

 この会には、次の役員をおきます。会長1名、副会長若干名、事務局長1名、事務局次長若干名、幹事若干名、会計監査2
名。役員の任期は1年とし、再選はさまたげません。会長は会を代表し、幹事会を召集します。副会長は会長を補佐し、会長
事故あるときは副会長がこれを代行します。


第9条(財政)

 この会の財政は、会費・寄付金・事業収入、その他によってまかないます。会費は総会できめます。会計年度は毎年4月1日
から翌年3月31日までとします。


第10条(発効)

 この規約は、1967年12月4日より発効します。

  @1974年12月8日一部改正

  A1989年5月21日一部改正


もどる